河名秀郎オフィシャルサイト  メニュー

プロフィール

コンテンツ

創業秘話

食べもの

商品の選び方

学びについて

農業について

事業への思い

子育て流儀

医者・クスリに
頼らない

番外編

取材履歴

会社概要

河名秀郎オフィシャルサイト  リンク

河名秀郎のブログ
野良人ダイアリー

ナチュラル・ハーモニーWEBサイト
直営のお店と
レストランのご案内

有機野菜や無農薬野菜を買う前に!
本物の野菜・玄米の
見分け方

無料進呈中!
河名秀郎講義録

「食は芸術なり」

無料進呈中!
河名秀郎講義録

「医者にもクスリにも
頼らない子育ての術
とは!?」

医者にもクスリにも
頼らない生き方をもとめて

ナチュラル&
ハーモニックスクール

肥料を使わない
自然栽培野菜の専門宅配

ハーモニック・トラスト

卸売りのご案内
自然栽培と天然菌を中心とした

商品の卸売り業務

求人情報

パートナーシップ店
Natural&Harmonic
PURELY

河名秀郎オフィシャルサイト

農業について

自然栽培の現実

自然栽培の現実

 自然栽培の普及は簡単に進まないことも事実です。私たちのショップでも直営レストランでも、すべての野菜を自然栽培にすることはできていないのが現状です。有機・減農薬のものも同時に使っています。よく私は「有機野菜が最上のものではない!」とお話ししているのですけれども、実際のところ自分の店でも使っているのですね。

 その理由は自然栽培だけにこだわってしまえば、レストランのメニューはバラエティーが出せなくなってしまいます。また店の野菜売り場に野菜が並ばないことにもなってしまいます。それだけこの自然栽培に取り組む、生産者が少ないわけです。矛盾を抱えながらもいつかは今扱っている有機農家も自然栽培に!現に一部取り組んで下さる生産者も少なくありません。

農業の公害産業化

 いつしか農業は「公害産業」になってしまいました。土壌伝染病の発生率も年々増加傾向にあります。農薬の散布の問題点もさまざまですが、中でも最大の問題は防除対象外の生物までをも皆殺しにしてしまう、このことにあるのです。そして使っている肥料や農薬による河川や地下水の汚染にまで拡大しているのです。そしていま一番、注意を払う必要があるのは有機栽培による地下水汚染なのです。ものすごい量の糞尿肥料が合法的に行われてしまっている。だからストップをかけなくてはならない、それが私の主張なのですね。

 それと食料汚染です。作物を生産する際に使われている肥料・農薬、成長調整剤などのホルモン剤、畜産で使用される添加物や成長促進剤や抗生物質。こうした畜産の分野のものが肥料を通じて作物に入ってしまうのです。これだけの薬剤が使われているため、家畜の有機肥料を入れた農産物に化学物質過敏症の方は反応してしまうのです。たとえ反応しなくても、いつの間にか自分の体に忍び込んでしまうのです。

 それならば一体どうすれば良いのか?この問題について日本の農業も長い間、悩んできたと思います。答えを出せない、有機農業がいま一番の解決策のように思われていますよね。何といってもオーガニックブームですから。でも世界各国、もう気づき出しています。いくら有機を推進してみたところで、今後、虫や病気が減っていくことはないのではないか、ここに気づき始めているのです。実は隣の韓国もそうですし、2002年頃から年に1〜2度、実際に現地に赴いて自然栽培の普及に力を注いでいます。皆さん解決策がなくて困っているのです。有機が最後の頼みの綱だと思ったけれども、地下水汚染などをはじめとするさまざまな問題を拡大させてしまっている。今こそ自然栽培の出番ではないか?そんなことを随所に感じられるようになってきました。

農耕の精神性

 農耕の精神性我々が生命の源である「食」、その生産の現場に排泄物を入れてはならぬという直感が古代には人にはあったようです。その代わり収穫量はそんなにたくさんではなかったかもしれない。でも暗黙のルールを胸に秘め守ってきた。土を慈しみ、尊厳を持って接してきたのです。これは今でもあるネイティブアメリカンの人たちはそういう精神を守り続けています。そうした精神性を私たちは忘れてきたなと感じます。

 だから物理性だけを見れば糞尿は効果があるかもしれないけど、いま一度精神性に立ち返り、土と人間の繋がりがどういうものだったか?もう一度立ち戻る謙虚な姿勢が重要であると思うのです。土はただ根っこを支えるだけのものなのか?そうではないんだ、我々の命を支えているんだ、こういうところにこの栽培をもっていきたいと思うのです。

自然栽培の土 ミミズが教えてくれること

 よく“ミミズがいるのが良い土だ”と思い込んでいる人が多いのですが、私たちはミミズがいるうちはまだまだ土が進化する過程だと考えています。ミミズがいなくなった土こそ本物だと。ミミズがいて良かったね、このレベルで止まっているのが有機農業です。でもそうではなく、ミミズがいない土に進化することが重要なのです。ミミズがいるのは、それだけ分解が必要なものが多いという証です。あるからこそいるので、コガネムシも他の虫も、たくさんいるのです。すべてを純粋化する、だからミミズがいるうちはまだまだというわけです。

 最初に触れましたが、自然栽培歴30年を越える農家・高橋博さんの畑にはミミズはいません。雑草もほとんど生えていません。先ほど堆肥の話をしましたが、草が生える意味は土にもっと進化してもらいたい、こうした自然界の意志の表れでもあるのです。たくさんの草を生やすことで、土を作ろうとしているのですね。高橋さんの畑の土は柔らかく、温かく、水はけ・水持ちの良い、ある意味で完成に近い畑です。いわば草の役割を終えた土ということができます。本当に素晴らしい土です。だから草が生えてこないのです。ぜひこのスクールでも皆さんを彼の畑にお連れしたいと思います。そしてその土の匂いや手触りなどを直接感じてもらいたいと思います。

自然栽培の普及にあたって

 セミナーでは「肥料や農薬こそが虫・病気を呼ぶ張本人である」から始まり、「自然栽培の仕組み」について学んだことをお伝えしてきました。このことは、現在の「農学」という学問分野では絶対に起こり得ないことでもあるのです。だからそんなことをいう奴は「ばかだ!」といわれてしまう、それが世間一般の評価になると思います。だから私がこうした話をすればするほど、集中的に攻撃を浴びる事だってあるんです。「いい加減にしろよ!」と怒鳴られるようなケースも少なくありません。なぜなら私たちはこれまでの常識とは違った観点でものを見ているので、いわれちゃうのはしょうがないなと諦めてはいます。

 農薬を使って作物を作っている人がほとんどなのですが、その人たちに「やめなさい!」と大声で言うつもりはまったくありません。私たちはただひとつの解決策を提案しているのに過ぎないのです。実際に自然栽培に取り組んでいる方は極めて僅か、それは99,9999%VS 0.0001、それくらいの力関係に過ぎないのです。せめて1%くらいになりたい、そんな願いを持って日々の仕事に取り組んでいます。スローなペースではありますが、社会の動きとのバランスを取りながら活動しています。だから「これしかないんだ!」という善悪論ではなく肥料や農薬を使わなくてもいい本質論を知ってもらい、相対的に肥料や農薬の使用が減ってゆく社会を創って行きたいのです

農業に夢とロマンを

 農業は苦しく、汚く、休みがない、だからこそ後継者不足に見舞われています。これまでの農業のあり方には夢がなかったのです。でも明るい希望さえ見えてくれば、ロマンを感じるはずなのです。何と言っても「食」は生命の根幹なのですから。そして価格も相場にも左右されず、自分で決定権を持てる、この栽培にはそうした可能性を秘められているのです。通常は大根1本の値段が10円・20円なんてことはザラなのです。それではお金にならないから畑で潰してしまえ、そのくらい生産者は相場に脅かされています。そこから脱却して自立していく。この自然栽培は農家の生活を安定させるためにも必要であると私は思います。

本当の肥料とは?

 本当の肥料は有機肥料ではなく、「コミュニケーション」なのです。人間の作物に対する「愛情」なのです。そのくらい生命とのコミュニケーションは大切です。ただ肥料を与え、農薬を使わずに育てたからそれで良いと次元ではなく、野菜にとって「一番必要なものは何か?」、このことをもっともっと認識する必要があります。