ハーモニック・・トラスト 会員特典
ほんとの野菜の見極め方
ナチュラルハーモニーの定期宅配
ハーモニック・トラストとは
ナチュラル・ハーモニー無料メールニュース

自然栽培全国普及会

 

スタッフ紹介
日本の「主食」玄米の見分け方
<<前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

1序章 お米・玄米の選び方

 

ゴツン。

「お百姓さんはこのお米ひと粒をつくるのにも1年かけているんだ!」

小さいころ夕食の席で、お米ひと粒でも残そうものなら父親にゲンコツをもらったものでした。

 

自然栽培のお米がふっくらと炊きあがりました。 古民家の台所 いのちを守り伝える食卓があった

 

 

当時は、「なぜ『たったひと粒』だけつくるのに1年もかけているのだろう」と不思議でした。 おとなになって食を真剣に考えるようになり、畑仕事をしたり、仕事がら農家さんにあったりすることが多くなりました。あるとき「お米ひと粒に、いのちのすべてが詰まっている」と感じたことがありました。

 

そう思えたら親の思いにあたたかいものがこみ上げてきました。

 

「大切に感謝していただきたい」

 

日本人にとって主食であるお米は、日々の食の柱です。

「お米を食べるということは、お米のいのちと一生をともに生きていくということ」

そんな風に思っています。

 

このサイトが、あなたとともに生きていくお米を選ぶ一助になれば幸いです。

 

 天日干し風景。ナチュラル・ハーモニー田んぼ 自然栽培のヒノヒカリとトヨサト 玄米の見分け方

 

「お米は魚沼産のコシヒカリがいい」

「有機認証を取ったお米がいいかな?」

 

あなたは、いろんなこだわりをお持ちかもしれません。

あるいは、どんなお米を選んだらいいのかわからないという方もいらっしゃることと思います。

 

 

「確かにブランド米はブランドなのだし、きっと多くの人が認めているのだから美味しいお米に違いない」

 

 

そう思う方もいらっしゃることと思います。関わる方々の努力の賜物ですので、それぞれすばらしお米なのでしょう。

 

 

ただ同じブランドでも地域や人、あるいは田んぼによって味は変わります。また魚沼産とは呼べない隣町でも、魚沼産と変わらない美味しいお米をつくれます。

 

「ブランドだから」

「だれかが良いといったから」

「無農薬や有機、あるいは自然栽培だから」

こういう基準は一旦外して、自分の頭と感性を真っ白にしてお米選びを楽しんでみていただければと思うのです。意外な出会いや発見があったりします。

 

 

このサイトでは、生命としての稲・お米に焦点をあてて「お米・玄米の選び方」をご提案させていただきます。

 

米をつかむ。種を採る。自然栽培農家 木戸 将之さん

 

 

ポイントは「自然のしくみにかない人の心のこもったお米」です。人の心の良し悪しを言える立場ではありません。ただ自然のしくみを求めた結果として肥料・農薬を使わない自然栽培のお米に取り組んでいます。米づくりに欠かせないといわれる肥料・農薬を使わないからこそ、自然の摂理を発見できることがあります。取り組む農家さんに素晴らしい方が多く、関わる私たちも仕事を通して育てていただけるので、感謝の意味も込めて、ご紹介させていただければと思います。

 

 

偏った情報にならないよう、なるべく公共機関の情報と農家と私たちの実体験をベースにお伝えさせていただきます。もちろん私たちの主張が必ず正しいということではないと思います。間違っていることもあるかもしれません。

 

 

大切なのはだれかのいったことを鵜呑みにするのではなく、私たちの中にそもそもある「自然を軸とした判断の基準」を再発見していただくことであり、その一助になればと願っています。

 

 

ぜひとも、疑いながら卯のみにせず、自然の摂理と人と稲とその心に思いを馳せてご覧いただければ幸いです。

 

資料請求はこちら