ハーモニック・・トラスト 会員特典
ほんとの野菜の見極め方
ナチュラルハーモニーの定期宅配
ハーモニック・トラストとは
ナチュラル・ハーモニー無料メールニュース
ナチュラルハーモニーのこだわりの加工食品

自然栽培全国普及会

 

スタッフ紹介

全国の自然栽培に取り組む生産者をご紹介します。総勢100名以上に野菜づくりにかける想いと自慢の作物について語ってもらいました!

生産者一覧を見る
お客様の声を見る
野菜を使った美味しいレシピ

技ありっ!生産者紹介

小川一也さんのきゅうり 石山範夫さんのササニシキ 中居主一さんのニンジン 田神俊一さんの青ナス 高橋博さんのニンジン 道法正徳さんのレモン 川越俊作さんの漬物
  • 野菜の生産者
  • お米の生産者
  • 果物の生産者
  • 生産者一覧
北は北海道から南は鹿児島まで。自然栽培歴30年以上の大ベテランから新規就農した若者まで多くの方が作物や土と向き合い自然栽培を実戦しています。

広島県道法 正徳さん 生産物レモン、アボガド 「逆説」の果実。 非常識な果樹技術は、数々の失敗と、自然を直視する姿勢から生まれました。 自然栽培果樹のパイオニアーたる人。
自然を観察する目はもちろん、科学的な要素を用いた剪定方法を行ないます。今日も全国を飛び回わり、自然栽培の普及に努めています。
道法さんの果物づくりの記事を読む

愛媛県田中祐二さん 生産物みかん、いよかん、せとか、カラマンダリン、レモン 「地下水が飲めない!」 その現実に立ち向かった一人の農家。
瀬戸内海の小さな島でのひとつの物語。
瀬戸内海の風をうけながら、おいしい柑橘を作り続ける田中祐二さん。
昔は農協のトップを続けるほどでしたが、自然を観察することである気付きがあったといいます。
田中さんの果物づくりの記事を読む

神奈川県石綿 敏久さん 生産物キウイ 1回だと確証できないから、2年目、3年目とテストした。
それが確信へとつながった。
神奈川県小田原の地で300年以上続く農家の15代目。日本で始めて自然栽培のキウイづくりに成功したといわれる先駆者のひとりです。 石綿さんの果物づくりの記事を読む

島根県

小村 訓司さん

生産物
ブドウ(ブラックオリンピア)

はちみつブドウ。その名の通り、口がとろける甘み。夏の収穫が待ち遠しい。

小村さんが作る「ブラックオリンピア」。別名「はちみつブドウ」とも呼ばれ、口に入れてかみ締めると、体いっぱいに幸せを感じさせてくれますブドウです。

熊本県

吉田 勝也さん

生産物
みかん

みかんの国から、こんにちは。現代農業の常識を覆す逆説の果実。。

「逆説の果実」。吉田さんのみかんにぴったりの言葉。逆説だけど、とっても美味しい。それとも、逆説だから、とっても美味しいのか。吉田さんのみかんは、食べた人を幸せにしてしまう不思議なみかんです。

静岡県

神門英治さん

生産物
ピオーネ

「常に夢は持ちながら取り組み続けていたいです」

「老婆心ですが、、、」と日本の農業を良くしたいと夢を語られます。その謙虚で、勉強熱心で、向上心が強い。そんな熱意にある指導員も心を動かされました。

山形県

佐久間 優さん

生産物
デラウエア スチューベン 安芸クイーン ロザリオビアンコ 甲州柿

うまい!甘い!糖度20度にもなるブドウ!

山形県でたくさんのブドウを自然栽培でつくる農家さん。そのブドウの甘さには、食べた誰もが驚くといいます。

静岡県

稲葉 信由喜さん

生産物
みかん、ニューサマーオレンジ、甘夏、お茶

みんなに喜んでほしい。お客さんにも、果物たちにも。

「うちはねぇ、見た目のためにひとつひとつカバーをかけても、みんな動物たちが食べて取っちゃうからカバーはしてないの。だから見た目は少し悪いかもしれないけれど、その分、味と香りは確かだから、たくさん食べてもらえたらうれしいわねぇ」お客さんへのおもてなしの心がすごい稲葉さん。果物はもちろん、動物たちにも対しても、そのおもてなしの心は変わりません。

神奈川県

遠藤 恒行さん

生産物
キウイ

「こだわり」のものを取り入れて、消費者と生産者の接点を持ちたい。

「こだわり」を大切にする農家さん。キウイの栽培に取り組み、研鑽を重ねてこられ、その結果、自然栽培に行き着きました。

栃木県

野矢 健一さん

生産物
ブルーベリー

その生き方、まさしく風来坊。オンリーワンのライフスタイルを求め、自然栽培に行き着きました。

ナチュラル・ハーモニーでの勤務を経て新規就農。その生き方は、まさしく風来坊。しかし、人が経験しないこと糧として、内に秘めた思いを、一歩ずつ行動し続けることによって実現されてきた生産者さんです。

広島県

小川 栄三さん

生産物
梨、プラム

小川さんにとっての自然栽培。それは生活そのもの。

「みずみずしさのある梨は、夏に食べて元気がでる食べ物だと思います。甘すぎず、バランスがとれた味わいの元気になる果物をお届けしたい」梨の話をする時、小川さんは笑顔いっぱいに語ります。

島根県

松村 喜美さん

生産物

元ガキ大将、自然と歩む。「自然栽培の西条柿で、おいしい柿酢をつくりたい」

「元ガキ大将だけど、今は競争嫌いで涙もろい中年なんですよ」。松村さんは島根県で自然栽培 柿を生産されています。農業を行なうきっかけは、一冊の本との出会いでした。

愛媛県

安藤 論さん

生産物
キウイフルーツ

「美味しい果物をつくり、食べる人に喜んでもらいたいなあ」

"赤いキウイ"「瀬戸内のめぐみ」。 安藤さんが作るそのキウイ。見てもきれい、食べても美味しい。心をスッキリとさせてくれる不思議な果物です。

熊本県

千々岩 巧さん

生産物
レモン 、河内晩柑

きっかけは大型の台風。全てが吹き飛び、そこから始まりました。

自分にできることを淡々と……。そんな謙虚で前向きな千々岩さんだからこそ、大型台風にも負けず、今日までしっかりと、自然栽培との歩みを続けられています。

熊本県

福島 雄治さん

生産物
アマナツ、レモン、デコポン、清見オレンジ

新鮮さにこだわりたい。体力の続く限り、農業を続けていきます。

「新鮮さにこだわったものを届けたい!」そのために、あえて作業効率の悪いことを行なう福島さん。そんな福島さんのアマナツからは、美味しさがギュッとあふれ出てきます。

熊本県

西田 淳一さん

生産物
デコポン、レモン

真っ赤に染まった西田さんの手。そこには自然からのメッセージがありました。

「安全嗜好の農業をやりたい」と決意して、Uターン後に就農を決意。ところが、慣行栽培にせよ有機栽培にせよ、どうしても虫や病気が発生する。深い不安に包まれる中、自然栽培に出会ったことで、その原因が肥料や農薬だということがはっきりと分かったといいます。